HTML5 Conference 2013 に行ってみて

HTML5 Conference 2013 に行ってきました。

HTML5

初めてのカンファレンスということもあって緊張して行きましたが、みなさん優しい方ばかりで安心しました。

セッションの中で刺激を受けたものを2つほど書きたいと思います。

1.CSS Regionsを使った新しいCSSレイアウトを作る方法

Adobeの轟さんという方の講演で、
iOS7 のSafariでもサポートされたCSS Regionsの紹介や可能性について紹介されました。

このCSS Resionsがすごい!

簡単に書くと、レイアウトにコンテンツを流しこむことが出来るという内容です。

多分全く意味がわからないと思いますが、超カンタンに書くと

新聞のようなレイアウトやコンテンツの流しこみを簡単に可能にするということです。

少しでもwebサイトを作った方ならわかると思うのですが、

綺麗にレイアウトしても、内容が多すぎてdiv要素をもっと大きくしなくちゃ文字が入らない・・・

みたいな状況になったことがあると思います。

それを解消してくれるのがCSS resionsです!

これに関してはすごく感動したので、次のブログで詳しく解説したいと思います。

2.Web をまともにしたいので Shadow DOM と Web Components をつくってます

これは、googleの方が公演されました。

実は、講演の中で印象に残った言葉があって、それは

「美しいWebの世界が汚されている」

という言葉です。

本当にWebが好きな方なんだろうなぁと思いました。

内容はあんまり理解できなかったけど、さわりの部分の

javascriptではスコープがあるのにhtmlやCSSではそのようなものがない。

なければ作っちゃえばいいんじゃね?

だから作ってます。

のようなところまでわかりました(笑)

でも会社で使っているCSSの指定の仕方もオブジェクト指向型CSSのようなもので似ているのかもなぁと思ったり思わなかったり。

ちなみに講演者の方の目標はgmailのhtmlソースコードを10行くらいで書くことらしいです!

すごい!

ちなみに、昨日のセッションで見たどの人よりも熱く、楽しそうに喋ってらっしゃいました。

子どもが好きな遊びのことを話すときのように輝いていました。

んーーーーすごい。

あぁなることが目標だなー!

頑張ろう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク