やれば出来るということ

やれば出来るということを日々感じて過ごしている社会人一年目の僕です。

社会って「出来ることを輝かせる場所」だと思っていました。

だから出来ないことは自分で勉強して、実務で使えるレベルまで持って行くと思っていて、

会社が成長の機会になるとは思っていませんでした。

でもそれってすごく間違っていたことに最近気づきました。

きっかけは会社の先輩の「1周間時間あるから○○の勉強するよ」という言葉です。

色々重なって、仕事が一段落ついた時に先輩が言っていた言葉です。

その○○の部分が全く先輩の業務と関係ないことだったのですが、それを勉強するというのです。

理由は「もっとそれを学んでみたいから」。

すごく不思議な気分でした。

そもそも僕が働いている会社は「○○がやりたいです!」と言ったらやらせて頂ける会社です。

その道のプロフェッショナルでもない人、最悪素人レベルの人でもやりたいと言えばやらせてもらえると思います。(下調べは最低限必要だと思います。)

出来ない人にチャンスを与えるというのは起業にとっては相当のリスクになる得ることですが、そんなことをさせてもらえる環境ってすごいなと思いました。

挑戦挑戦。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク