最後までやり抜くこと

先日のことです。

同期と映画を見た後、ある話をしました。

その話は「最後までやり抜くこと」という内容です。

このブログの中にある【「世界を変えたい」って言う奴】について会話している時にその話になりました。

上のブログの内容は簡単に言うと、

「ドヤ顔で何か語るのもいいけど、さっさと行動して下さい。」

みたいな内容です。

そんな感じの議論(ただの雑談かも・・・)をしていると同期がこんなことを言いました。

何かをやりたいと思った時、

1.やり方を考えるフェーズ(完成度0~10%)

2.おおまかに作っていくフェーズ(完成度11~80%)

3.完成させるフェーズ(完成度81%~100%)

大体のプロジェクトが3つのフェーズを通るけど、一番難しいのは3つ目の「完成させるフェーズ」だと思う。

んーー確かに。

確かに学生時代に何かやってたりとか、社会人になって携わったものでもそんな漢字がします。

上の1.2のステップの時はすごく楽しくてスイスイ進んで行ったりするけど、

最後の微調整などはすごく大変で辛かったり、小さい修正なのにすごく時間がかかったりします。

そこを踏ん張れるかどうかで結果も変わってくると思います。

最後のフェーズは面白く無いかもしれないけど、最後まで頑張りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク